初めてでもよく理解できる!注文住宅における豆知識やお勧めの物件などを紹介!

当サイトは初めてでもよく理解できる、注文住宅における豆知識やお勧めの物件などを紹介しています。
住宅メーカーに依頼して建ててもらう住宅の土地探しで大事な事も解説しているサイトです。
土地探しから家づくりをしたいと考えている人に役立つ可能性があります。
また注文に応じて造る住宅建設でのハウスメーカー選びでお勧めの方法にも触れています。
様々なハウスメーカーや工務店がある中から、自分に合ったところを見つける手掛かりになるかも知れません。

初めてでもよく理解できる!注文住宅における豆知識やお勧めの物件などを紹介!

初めて注文住宅を建てるために知っておくべき豆知識を押さえておきたいという人もいるのではないでしょうか。
注文住宅を建てるときには、住む人にとって暮らしやすく安全で資産価値の高いものを造るように配慮するのがおすすめです。
狭小住宅は狭い土地や変形地などでも建てられる可能性があり、限られた土地で家を建てたい人におすすめです。
平屋は比較的広い土地が必要ですが、上下の移動が不要でバリアフリーの家に住みたい人に向いています。

注文住宅建築では予算検討や自己資金を準備することから始めよう!

希望通りの土地、間取りの家で暮らすことで生活の質を向上させることが可能です。
注文住宅施工が昨今注目を集めている理由は、この理想を可能な限り実現できるからといえるでしょう。
幅広い年代で人気となっていますが、これから建設を計画されている場合は、まずは予算検討から自己資金の準備をすることからスタートします。
ここで簡単にその内訳について見ていきます。
まず予算検討というのは、総額でいくらの注文住宅を建築するのかを意味します。
現在の相場では土地を含めて約4500万円が相場ですが、年収によってはそれ以上の予算で建てることも可能です。
自己資金というのは住宅ローンで借り入れた資金を省いた金額のことです。
大半が手付金を意味しており、約500万円前後を準備する方が多い傾向です。
注文住宅は素材から内装デザインまですべてオーダーメイドとなるため、若干コストが高くなる傾向です。
それを踏まえて時間をかけて用意をしましょう。

注文住宅の流れはハウスメーカー選びと土地探しからスタート!

注文住宅でマイホームを建築するために、必要なことは何かをまずは考える事から始めましょう。
まず、自らが希望する家を建築することができ、工事請負契約を締結することに支障のない会社を選ぶ事から始めなければなりません。
同時にその家を建築することができる敷地を、専門家とも相談しながら決定していく必要があります。
土地を探し決定していくために必要な専門家とは、できることであれば工事を依頼するハウスメーカーの担当者である事が望ましいでしょう。
それは、施主が建築したい建物を良く理解し、法的にも工事を進めるためにも問題のない土地を見つけてくれるからです。
このように注文住宅を建てるための流れとしては、メーカーを選択し敷地を決めることからスタートするのが最良の方法となります。
建築したい家の相談をし的確な土地が決まれば、次にプランの詳細な打ち合わせへと進む事ができます。
そこで最終的に合意に達すれば、正式に契約を締結し着工までの打合せを行うこと可能なのです。

注文住宅でのハウスメーカーからの間取りプランや見積提示について

土地決めからモデルハウス見学を行ったあとには、ようやく実際の注文住宅の見積提示が開始されます。
この時に依頼主が気を付けるべきポイントはどのような点でしょうか。
まず、注文住宅の見積提示は複数のハウスメーカーから取るべきです。
この段階で決定するのは尚早ですが、大まかな費用を把握しましょう。
さらに詳細見積りの段階まで入った場合は、「建物一式」の項目に注目です。
この一式の中に何が含まれるのかを詳しく把握し、注文住宅本体の価格を正しく知ることが必要と言えます。
建物附帯工事費は、重要視するべき項目です。
駐車スペースや地盤改良工事はこの中に含まれています。
予算以上に膨らんでいる場合もあるので、内容はしっかりと確認したいところです。
注文住宅本体に関しても、価格に見合った設備や性能が備わっているかどうか見極める必要があります。
建築面積・建ぺい率・断熱材の有無などは実際に住む際の安全性や快適さに直結するものです。
わからない項目は積極的に担当者に質問しましょう。

注文住宅建築では工事請負契約後に着工・竣工・引き渡しの流れになる

注文住宅の契約から工事の着工、そして竣工から引き渡しまでの流れは事前に確認しておく必要があります。
工事を正式に請け負うという手続きの前には、概算見積りが行われハウスメーカーと施主の双方が合意した上で建築工事請負契約が締結されます。
ここでは、着工予定日や竣工日、そして引き渡しに至るまでの予定も確認されます。
その、契約内容に基づきメーカーの設計担当者との複数回の打合せが繰り返され、最終的な図面が作られ更に内容の確認を行うのです。
その図面は内装やインテリア担当にも渡され、内部の詳細も決定されていきます。
次に工事担当者はその図面や現場を確認し、施主とともに着工日の決定をするのです。
工事担当者からは改めて着工後の上棟式等から、竣工までの工事の予定を知らされるのです。
そして工事が進んだところで、工事担当者などとともに竣工立ち合いが行われます。
ここでは打ち合わせ通りの工事がおこなわれたか、手直し工事等はないかを双方で確認するのです。
全てに問題が無く工事が終われば、引き渡しを行い建物の所有権は施主に移行されるのです。
注文住宅の大まかな流れはこのようになっており、契約に基づいた支払いは工程の完了を持って支払われています。

お勧めしたい!注文住宅モデル例①北欧住宅やアメリカンハウスなどおしゃれな外観の物件

注文住宅とは多くの人の憧れの住まいです。
それは設計の自由度が高く、施主やその家族の希望を詰め込み好きなように建築できるからなんです。
一切の妥協なく、オールカスタマイズで建設できる住まいであるためにその費用は一般的な建売住宅よりも高くついてしまうんです。
しかしお金をかけるからには、間取りだけではなく外観にもこだわりおしゃれで素敵な住まいにしたい人も多いでしょう。
そこでおすすめしたいのは、外国仕様の北欧住宅やアメリカンハウスにサーフハウスといった建築です。
日本ではこうした外観の住まいは少なく、差別化を図れ個性際立つ家に建築することはできます。
家に帰宅するたびに、まるで海外旅行に行ったかのような気分にさせてくれるのがこの家の魅力です。
こうした北欧住宅のような注文住宅は建材を輸入に依存するので、万が一修理や修繕が必要な時にいちいち建材を輸入する必要があるんです。
空輸代なども高くつくので、そうしたことも覚悟して建築しなければいけません。

お勧めしたい!注文住宅モデル例②地震や天災に強い2×4工法などの物件

世界でも有数の地震大国と呼ばれている日本では、いつかやって来るかもしれない事態に備えて日頃から対策をして大切な住まいや家族を守りたいところです。
同時に日本は耐震基準やそれに合わせた建築技術も、世界最高クラスを誇っています。
その中のひとつである2×4工法は注文住宅でも用いられており、厚さ2インチ幅4インチの角材を使用していることを表わし、枠組みと構造用面材を貼り合せて金属でしっかりと固定し、六面体の壁を作ります。
それをコンクリートの基礎の上に外壁や部屋の仕切りとして設置して、上に屋根を被せていきます。
2×4工法なら地震の縦揺れや台風の横風などの圧力を受けても分散されるので、破損や倒壊を防いでくれるという仕組みです。
また、壁に厚みがあることから気密性も高く、冷暖房効率が良くなり省エネも実現できるほか、遮音性も高いため元気のいいお子さんが居たり、楽器やカラオケを楽しみたい世帯にも選ばれています。
これらの機能が高く評価され、注文住宅の発注時に指定する方が増えています。

お勧めしたい!注文住宅モデル例③節水や節電などエコやSDGsを意識した住まい

これから注文住宅を購入しようと考えていえる方が多くいると思われます。
デザインや設備などにこだわって理想の家にすることができるので、良い選択だと評価できます。
マイホームを手に入れることは多くの人が考えている夢なので、安定した収入がある方であれば問題ありません。
注文住宅で最近人気なのは、SDGsの意識した住まいにすることです。
節水や節電など環境に配慮した家にするケースが増えています。
資源がどんどん枯渇していることを考えたら、SDGsを意識した家にすることは大事なポイントです。
また、余計な水や電気を使わない家にすることでランニングコストが抑えられるメリットもあります。
最新の設備だからと導入したが、電気代などが高額になってしまう家だと後悔する可能性が高いです。
電気代や水道代が高くなっているため、ランニングコストのことも考慮して家づくりをするべきです。
工務店やハウスメーカーに相談してみることをおすすめします。

お勧めしたい!注文住宅モデル例④露天風呂や屋上テラスなど旅館やリゾート感のある物件

注文住宅は自分たちの好きなデザインや間取り、部屋の広さなど自由に設計することが出来ますので、思い切って他の家には見られないような個性的な家を建ててみましょう。
例えば、露天風呂や屋上テラスなどまるで旅館やリゾート感のある家にしてみるのもいいかもしれません。
露天風呂といっても旅館のように大きくなくてもかまいません。
通常の家のお風呂より少し大きなお風呂を庭に作って周りを竹などで囲むことによって、自宅にいながら旅館の雰囲気を味わうことが出来ます。
周りにモミジを植えるとより魅力です。
屋上テラスがあるなら、夏にはバーベキューを家族や友人を呼んで楽しむことが出来ますし、小さなお子さんがいるご家庭ですと屋上プールを楽しむことも出来ます。
注文住宅は、建売住宅と比べるなら費用も掛かりますし、完成するまでどんな家になるか分からない場合がありますがそれでも、こだわりと夢の詰まった家を建てることが出来ますのでとてもお勧めです。

お勧めしたい!注文住宅モデル例⑤バリアフリーやユニバーサルデザインと高齢者に最適な家

少子高齢化が叫ばれている中で、介護の担い手が慢性的に不足していることから老人ホームは常に予約待ちである事や、自宅で気兼ねなく余生を過ごしたいという希望から子や孫の夫婦世帯と同居する選択をするケースが増えています。
そこで求められるのが、安心安全に暮らせるバリアフリーやユニバーサルデザインを採用した注文住宅です。
例えば手すりを設置すればつかまりながら安全に移動でき、万が一の転倒も防止できます。
ただしバリアフリーを強調するあまりにお年寄りが恐縮してしまうケースが多く、それを解決するために誕生したのが、どの世代にとってもやさしく使いやすいユニバーサルデザインです。
床の段差を可能な限り無くして平坦にすれば、小さなお子様からお年寄りまであらゆる世代の人々にとって歩きやすいスペースになります。
これならばお互いに構えることなく快適に暮らせることができ、フレキシブルな設計ができる注文住宅だからこそ実現できる真骨頂です。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の豆知識

当サイトは初めてでもよく理解できる、注文住宅における豆知識やお勧めの物件などを紹介しています。住宅メーカーに依頼して建ててもらう住宅の土地探しで大事な事も解説しているサイトです。土地探しから家づくりをしたいと考えている人に役立つ可能性があります。また注文に応じて造る住宅建設でのハウスメーカー選びでお勧めの方法にも触れています。様々なハウスメーカーや工務店がある中から、自分に合ったところを見つける手掛かりになるかも知れません。

Search